NPO等地域活動団体助成事業

NPO等地域活動団体助成事業目的

 当財団が2003年度から実施していた「NPO等助成事業」と2013年度から実施していた「自立した持続可能な地域社会創造助成事業」を統合し、より幅広な事業に活用できる「NPO等地域活動団体助成事業」を実施します。なお、本事業は両事業の特徴点を取り入れ、助成団体に対して今後の活動の参考となるようセミナー開催や現地視察等も含め、資金を助成するだけではない総合的な支援を行う事業とします。
 また、当財団は、2016年に成立した「休眠預金等活用法」で定める「草の根活動支援事業」地域枠の資金分配団体に応募することとします。この事業は年間700億円ともいわれる休眠預金を原資に民間公益活動を支援する事業です。本事業は新潟県の社会課題を踏まえ、その解決策を計画として立案することや、指定活用団体が定める審査基準を満たすことが求められており、これらの諸条件を整備して、事業実施が可能となるよう申請を行います。